手作り

安価なキャットフードの安全性は?

現在は、インターネット通販などでもペットフード専門店などがあるくらい、日常のあらゆるところで安いペットフードが手に入るようになりました。
長く健康でいてもらうための健康食としてキャットフードは、栄養価やバランスの良い成分が含まれているので、できるだけいいものを、長く与えてあげたいもの。
しかし、毎月のコストを下げることができるのなら、大変家計にも優しい購入手段がいいですよね。

とはいえ、どんなに安いといっても、品質がいいかどうかはまた別問題。
健康を本当に考えるのならば、安価なだけでなく安全性も確保したいものですよね。
値段が下がる傾向としては、まず、単純に素材が安価に上がるように製造されている場合です。

安いキャットフードは、まず価格を抑えるためにコストを極力抑えています。
肉という原材料を使っていたとしても、人間が食するようなお肉ではない、廃棄する部分を使用している場合などもありますし、魚も、すり身に多くの皮なども粉砕して含まれていたりするのです。
また、海外で生産されたものを輸入する際にコストを下げるルートを経て日本に入ってきた場合も、商品自体には問題がなくてもどこの材料を使っているか正確にはわからない場合もあるのです。

そうした事情を気にされるような方は、しっかりと有名メーカーのブランド品を購入することが安全策です。
値段が下がるもう一つの理由があります。
安価なキャットフードのなかには、賞味期限が迫っている場合にプライスダウンされたものなどもあります。

販売元は、在庫処分のために大量買いを目的にされている消費者や、リーズナブルで求めている消費者向けに、賞味期限がもうすぐ間近になっている商品に関し、値段を下げて販売しています。
もちろん、有名ブランドのものも販売しています。
一流メーカーであっても、賞味期限が切れてしまえば、商品として成り立ちませんので、早く販売したいという需要と供給の合った販売方法でしょう。
「同じ製造元ならばOK」と気にされない方もいますが、やはり品質は時とともに下がるものですので、安全性を第一に考えるならば、正規品を、安心できる病院やペットショップなどの正規店で購入することが望ましいと言えます。

Copyright(C) 2013 猫の食事に注意するために必要な知識 All Rights Reserved.