手作り

ドライフードと猫缶、どっちがいい?

キャットフードの種類には、ドライタイプとセミモイストタイプと、ウェットタイプがあります。
それぞれ、水分量が異なるのです。
それほど、今までは猫のエサには、状態まで配慮してこなかったというのが動物フード業界でした。

しかし、近年のペットブームやホリスティック医療などの影響を受け、猫のエサにも、大変多くのバラエティが増え、さらに、病気の予防医学的視点から、健康的なキャットフードが作られています。
さて、この中のドライフードは、いわゆる固形フードのことで、量産できるので缶よりも大量買いが可能でコストダウンを考えることができるフードです。
このタイプは、水分含有率が、10%以下の、カビなどの発生防止を意識した食品です。

開封後の賞味期限も比較的長いのが特徴です。
猫缶は、それに比べると、水分を含んでいますので、固形にはない生の食感やみずみずしさを感じることはできる反面、品質保持のために添加物を使用しています。
水分保持のために、湿潤調整剤なども使用しています。

また、ソフトタイプは開封してからは比較的すぐに消費してしまう必要もあります。
直射日光を避けて、密閉保存をしなければならないという手間もかかります。
筆者の体験から言えば、歯の発達していない幼猫の時は、ソフトを使っていましたが、食事が定期的にできるようになり、また、噛むことに慣れてきた頃に、缶とドライフードを混ぜて与えるようにしました。

成猫になってからは、ドライに切り替え、毎日一定量を与えるようにしました。
そうすることで、はじめは缶を一日で何回かに分けて消費しきってしまい、ドライはそのまま保管することができるので、飼い主としての保存の煩わしさも感じませんでした。
どちらの素材がいいか、その良し悪しについては、生活状況や与え方によるところが大きいので、甲乙つけることはできません。

最も大切なのは、ご自身の愛猫の好みや、体質に合わせてあげること。
また、長く付き合っていく食事ですので、飼い主側のコストや手間を考えていくことも重要でしょう。
そうした観点で、愛描にもっとも適したキャットフードをセレクトしてあげてください。

Copyright(C) 2013 猫の食事に注意するために必要な知識 All Rights Reserved.