手作り

市販のキャットフードはどんな形態がある?

ペットセラピーという言葉も浸透しているほど、世の中はペットブームになっており、日常生活に動物が身近なものになりました。
特に、飼いやすい猫や犬などは、日本でも4割ほどの世帯が飼っているという統計もあるほどで、ここ数年の間にペットが大変愛される時代になりました。
ペットを飼っている人にとっては、愛する家族と同様のペットにどんなエサをあげたらいいか、また、どんなエサが好きなのか、興味のあるところだと思います。

今回は、選ぶための参考として、キャットフードの携帯にはどんなものがあるのかを挙げてみたいと思います。
まず、一般的なキャットフードの種類としては、缶詰形態とドライフード形態が代表的でしょう。
缶詰は、いわゆる「猫缶」と呼ばれているように、猫の好んで食べるまぐろやささみなどの食品を加工して缶詰にしたものです。

これを、カテゴリ上ではウェットフードと呼んでいます。
一方で、みなさんが良く知るドライフードは、シリアル状の、スナックのような食感のフードタイプです。
比較的長持ちするので、多くの世帯が、このドライフードを使用しているのではないでしょうか。

場合によっては、缶詰と混ぜて与えている世帯もあるでしょう。
また、歯が発達していない幼猫にはウェットフード、
成長に従ってドライに変えていくという方法も良く聞かれる方法です。

このほかにも、セミモイストフード、ソフトドライフードといったカテゴリがあるのをご存知でしょうか?
セミモイストフードとは、ウェットフードのなかでも水分有料25〜30%という成分バランスがある製品です。
水分保持が難しいので、カビ防止の添加物や、品質保持のための保存料が使用されている場合が多いようです。

ソフトドライフードとは、セミモイストタイプの半生といわれる種類のうちに入りますが、製法方法が異なるようです。
柔らかい食感が、幼猫や老猫にとっては食べやすく、年齢によって使い分けている世帯が多いようです。
触感は、いわゆすシーチキンのようなさくさくしたウェットタイプではないですが、カリカリしたスナック風でもなく、ソフトな食感が特徴です。
このように、製造方法も異なれば、味や触感、保存方法にも差があります。
あなたのご家庭の愛猫が、健康に、そして楽しく食事ができるように、お気に入りのキャットフードを選んであげてください。

Copyright(C) 2013 猫の食事に注意するために必要な知識 All Rights Reserved.