手作り

キャットフードの賞味期限ってある?

人間が食べるシリアルや、缶詰をイメージしてみましょう。
長く保存できる食品というイメージで、家に買いだめしている人もいるのではないでしょうか。
食品には加工が施されているので、賞味期限が比較的長く設定されていますが、一度開封すると、その鮮度も落ちてしまいます。

食べる際の注意点として、わたしたちは常識として賞味期限を意識していますよね。
猫や犬のフードに関しても、そういった保存期間は長いものの、やはり賞味期限があります。
日本に限らず、食品のパッケージへの消費期限の表記は義務づけられており、それはキャットフードなどのペットのエサに関しても同様です。

では、賞味期限は、一般的にはどれくらいの期間に設定されているのでしょうか。
まず、缶詰などのウェットフードに関してですが、未開封の場合は、3年の保管が可能です。
しかし開封後は、一日のうちに食べきるなど、できるだけ早い消費が推奨されています。

食べきることが不可能な場合は、冷凍保存させるなど品質の維持が必要です。
次に、ドライフードに関してですが、こちらはウェットフードと比較すると未開封の場合は1年半と短い反面、
開封後も保管可能期間が長いのが特徴です。

開封後は約一か月ほどの期間があるのが一般的ですが、食べきりサイズでない場合は、パッケージ方法に空気遮断などの工夫が施されている場合もあります。
とはいえ、一度開封したら、その賞味期限をさらに意識してあげなければなりませんよ。
空気に触れることで、味が落ちたり、食感が変わってしまうと、ペットも食事をしなくなってしまったり、食べるのを拒んだりしかねません。

そのため、質を落とさぬように開封後は高温多湿、直射日光を避けて保管することが必要です。
場合によっては、フードキーパーなどで細菌も入らないように注意しましょう。
よく、ネット通販やホームセンターなどでは、賞味期限の迫った商品がセールとなっていることがあります。
こうした商品は、購入してもすぐに消費しなければなりませんが、品質の面ではさほど変わらないまま低価格で購入できるので、狙って購入する人もいるようです。

Copyright(C) 2013 猫の食事に注意するために必要な知識 All Rights Reserved.